海外経験が豊富な日本人

海外経験があると英語力アップにつながる

外資系企業で働きたいと考えているのであれば、海外経験が豊富にある方が成功する確率が高いです。外資系企業というとまず思い浮かべるのが語学力ではないでしょうか。外資系では英語が必須のところが多いので、話す力や聞く力、書く力や読む力という4つのスキルが必要です。これらのスキルをバランス良く高めるには、実際に海外に暮らしてみるのが有効であるといえます。本国とマニュアルを共有していることが多い外資系では、社内マニュアルやシステムマニュアルなどはすべて英語で書かれていることが多いです。したがってこれらの英語のマニュアルを読むためには最低でもTOEIC600点は必要です。海外経験と共にTOEICのスコアを上げる努力をすることが、外資系企業で働くためのポイントなります。

海外経験によって海外の習慣を知ることが大切

外資系企業と日本企業では、企業の風習や習慣などが異なります。例えば就職や転職をして外資系企業に働くことになっても、日本企業のように教育係になってくれる人はいません。マニュアルをポンと渡されて、初日から自分一人ですべてを行わなければならないからです。また、外資系企業は結果がすべてなので、仕事の処理能力が高い人が多い傾向です。日本のように定年まで働けるわけではないので、働き続けるためには結果を出さなければなりません。それによって外資系企業で働く人は、仕事をテキパキこなす人が多いのです。これらの外資系企業独特の風習や習慣は、実際に海外経験がないとよくわからない点が多いので、海外経験が豊富な日本人の方が、外資系企業に向いているといえます。