役職と年収は関係ない

特定分野の能力が高い人は転職後に活躍できる

外資系企業は、日本企業と比べて転職時に過去の役職や年収が重視されず、それぞれの求職者のポテンシャルが厳しく確認される傾向が見られます。例えば、営業や企画、広報など特定の分野の専門的な能力を持つ人は、外資系転職を果たした後にすぐに活躍できるケースが多く、勤務先によっては海外転勤などのチャンスもあります。そうした中、外資系転職を成功させるには、在職中から将来に向けて日々の業務に関連する分野の資格を取得したり、自主的にビジネスに関する様々なセミナーに参加をしたりすることが大事です。また、外資系企業に勤務したことが無い場合には、国内外に多くの支社を有する企業が集まるセミナーや説明会などに進んで参加をすると良いでしょう。

誰にも平等に出世のチャンスがある

外資系企業では、性別やキャリアにかかわらず誰でも平等に出世できる環境が整っているところが目立ちます。そのため、長く日本企業に勤めてもなかなか出世のチャンスに恵まれなかった場合には、各企業の昇進や昇格の基準や管理職登用のポイントなどに注目をしながら、働きがいのある外資系企業を探してみるのも良いでしょう。最近では、女性の管理職が活躍している外資系企業の魅力について、求職者向けの様々な情報誌や転職支援サイトなどで紹介されることがあります。そこで、転職後に責任のある役職で働きたい人であれば、早いうちから志望企業の採用基準を確認するはもちろん、実際に転職後に活躍している人の体験談を参考にすることがおすすめです。