英語は得意でない日本人

日本人が多い職場を選ぼう

外資系企業で働くというと、英語が堪能な人が活躍しているというイメージがありますが、実は英語がそんなに得意でなくても外資系企業に転職できる方法があります。一般的に外資系企業に転職するためには、ビジネスレベルの英語力が必要とされています。TOEICでいうと、700点~800点レベルです。しかし日本人従業員が多く、英語をあまり使用しない外資系企業であれば、英語が得意でなくても活躍することができます。外資資本の割合が低いと日本企業の色合いが濃い傾向です。他にも仕事のスキルを上げることも外資系企業で活躍するためのポイントになります。英語力よりも経験やコミュニケーション力を重視している外資系企業もあるので、英語が苦手な方はそこが狙い目であるといえます。

ポテンシャル採用を活用しよう

今は英語が得意でないけど、英会話教室などを活用して英語の勉強をしているのであれば、ポテンシャル採用を狙うのも一つの手であるといえます。これは特に若い人に有効な手段であるといえます。英語力が低いと初めの内は、メールやマニュアルを読んだりするのに苦労することがあります。したがって英語がそんなに得意でない人は、英語力以外のことでアピールすることが大切です。例えば成果主義であってもストレスを感じることがない強い精神力を持っている点や向上心が高く探求心がある点などをアピールするのがいいでしょう。また外資系企業では残業するのは仕事ができない人と言うイメージを持っているところが多いので、効率的に仕事できる点もアピールすることが大切です。